今年もこの季節がやってきたで~!

そう、ポルチーニ!!

正式な和名はヤマドリタケモドキ。

キノコ界では言わずと知れた代表的な美味しいきのこです。

 

全国的にも爆発してるみたいで、、SNSでの投稿が絶えへんなぁ。

我々も、気温、湿度、天気、全てが揃った日に今年最初の出陣。

まだ少し気温が低かったので大爆発ではなかったけど、ほら。

安定安定♪ここのは、軸が太くて良いポイントである。

 

良いポイントには、同業者(=ライバル)がつきものなのだ。

鉢合わせる事だってある。

 

同業者「・・・!!!!」

我ら「・・・!!!!」

旦那「こんにちはー!獲れましたか?」

同業者「だいぶ獲れました。」

旦那「ほなもうないですねー。」

同業者「見落としがあるかもしれませんがね。」

 

ピリピリ…。

 

うーん、同業者との鉢合わせはなかなか気まずいな。

なんせ、同じ獲物を狙ってる訳ですからね。

今回は先越されたな…。

 

あかん!!!

いつまでもここのポイントに頼ってられへん!!!

やっぱ新規開拓するしかない!!!!

ここはどうせまた鉢合わせる!

 

雨がたっぷり降った後の気温が上昇したそのタイミングで、

子供達を保育園に預けてポルチーニ有給を獲った我ら夫婦は(とても悪い奴等である…)、

1日中思う存分雑木林を駆け回ったのである。

 

登って降りて、登って降りて、、、、フィールドは常に急斜面。

 

もう3時間も林の中駆け回ってたら私の足はガクガク。

足が上がらない。汗は滝のよう。(((;’Д’ )))

 

私「もう無理―!なにこれー!しんど過ぎるー!」

旦那「ん?こんなん準備体操やで。何言うてんの?」

 

 ((;OдO))

 

旦那の体力は超人なのは知ってたけど。

奴は夜勤明けで寝てないから、少しは追いつけると思ってた。

あかん全然無理。。

私「先行っててぇ。。」

 

もう、旦那が一人で探して私はひぃひぃ後を追いかけるのみになってしまった。

こんなしんどくて暑いのにきのこ探せるかっつーの!!!

ヽ(`Д´)ノ

 

 

 

あ、あった(´∀`)!!!

 

ひゃ!ここにも。

まるでしめじのように次から次へと

 

えー!!ここにも!

さぁ何個あるかな?答えは14個!

 

ほら!!ここにも!

 

 

群生しているポイントを見つけた瞬間の、テンションの上がる事上がる事。

この興奮だけは、

何度やっても味わえる。

中毒性高いわぁ~

 

開拓大成功!ここは、同業者の足跡やきのこ狩りの痕跡がない。

 

この日は小さいのは残してこんなに採れまして、

 

翌日はその小さいのが大きくなってこんなに採れまして、

もう、本当これだけでも幸せやのに、、、

 

更に!!!!!!

 

旦那が作ってくれるポルチーニ料理が死ぬほど美味いとなれば、

もう罰当たってもおかしないで。

 

 ( ´≖∀≖`)

 

◆ポルチーニの軸ステーキ

右上は比較する為のタマゴタケ。残念ながら比べもんにならんかった…

ポルチーニの何がうまいって、、、

軸がうまいねやー!!!

こんがり焦げた軸は、悶絶もんです。

傘の部分は、よっぽどええバルンバルンじゃなければ、全部乾燥乾燥!!

 

◆ポルチーニシチュー

軸をゴロゴロ乗せる乗せる

ちなみに、去年の乾燥ポルチーニの戻し汁も入っているので、口に入れた瞬間ひたすらポルチーニ!!!

 

◆ポルチーニクリームパスタ

毎年恒例!!安定の味!!

ただ、今年はゴロゴロポルチーニの量がえげつないですね。

 

◆ポルチーニピラフ

ゴロゴロ軸は別でじっくり焦んがり炒めて後入れ!

うまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまうまーーーー!!!

これはうまいど

我が家の畑で育てた人参と玉ねぎといんげんを使ったから、買ったん米だけΣ(~ロ~;)

ピラフ、毎年恒例にしたい!

 

◆ポルチーニグラタン

これは間違いないでしょ!

約束された美味しさ。

ゴロっとポルチーニがグラタンを格上げしてくれる、最高の一品。

 

◆ポルチーニと茄子の和風パスタ

出汁用のポルチーニとは別に、別で炒めて焦んがり軸はしっかり塩を効かせて後入れ!

 

Σ(゚Д゚;)

 

大ヒットーーーーーーーー!!!!!!!

これは新しい!なにこのうまみ!

 

もしかしてこの死ぬほど美味いパスタを私は一生食べられるのか。

幸せ過ぎて、何も言えねー。

唸りながら貪り食べる…

もう、美味しすぎて野生に戻る嫁。(ごめん旦那見ないでー)

 

我が家の畑で育てたニンニクと茄子と大葉を使ったから、買ったん麺だけΣ(~ロ~;)

 

もう、もうこれ以上美味しいの出さんといて…

もうだめー!!

ん?終わり?

 

良かった。。

  

あ(›´ω`‹ )まだあった。

 

◆ポルチーニの天ぷら

これは去年考えた旦那オリジナル料理やけど、実はフランスで初の三ツ星を獲得した日本人シェフの有名な料理みたいです。

(去年の記事)

ポルチーニって、和洋中なんでも合うし素晴らしい食材やわ。

生きた樹木の根から養分を得て育つ菌根菌は人工栽培が出来ひんから売ってない。

だからこそ、自分で探して見つけた時嬉しいし、それを丁寧に調理すると美味しいし、今しか食べられないから更にありがたみ増すし、おまけにこんなに美味しいとなれば、価値しかないきのこやわ。

乾燥もいっぱい!

 


syuryosaisyukazoku

食材ハンターの旦那を嫁目線で綴ったブログです。 5歳の娘と2歳の息子と共に、自らの手で獲った食材で最高の調理法を追及する生活を送っています。 身動きできない檻でホルモン剤を投与され育った家畜よりも、山で走り回りどんぐりを食べて育った猪を食べたいです。 狭い所でひしめき合いながらワクチン注射を打たれ育った養殖魚よりも、海流に乗って荒波にもまれながら育った天然の魚を食べたいです。 山に行けばきのこや山菜、果物も採れます。 それらの共通点は「生きるちから」です。 感謝の気持ちを忘れず、今日も自然の恵みを「いただきます。」

0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。