旦那がサクッと釣ってきた500gの鰻。

500gでは小さいと思ってしまう自分が怖い•••

私「今夜は白焼き?蒲焼き?」

旦那「刺身や!」

え??

またすんの??

前回、鰻の刺身で毒を感じたわたしたち。

刺身としての味は最高やけど、頑張って血抜きしても舌がピリピリ。

旦那「大丈夫、今回は究極の完全血抜きするから」

いやー、でも前も完全血抜きや言うてなかった??

旦那「今回は究極の完全血抜きや!その後アルコール水に浸けて、寝かせない!」

ふーん。究極ね。

よぅ分からんけど、そんだけ自信満々やったら結果が楽しみである。

早速津本式の血抜きを始める旦那。

ここ数年は、魚は全部このやり方だ。

背骨と尾を切り、動脈に水を通す旦那。

体中の毛細血管に水が行き渡り、鰻はパンパン。

ちゃんと動脈の出口から水が出てるのが分かります。

ピュー

旦那が捌く。

アルコール水につけると脂で真っ白。いい個体です。

完璧やん。

もう血液残ってへんやろ。

これ以上何ができるよ?

これでダメなら諦めようレベル。

手際よく捌き、一瞬で刺身になった。

キレイな薄造り。

真ん中のは鰻の皮湯引きポン酢

刺身もポン酢で…

いただきます。

ん〜

やっぱ美味い!!!

濃厚な鰻の味!

今回は寝かさず食べたから刺身の食感がコリコリ。

食感はフグ刺し、味は濃厚鰻に脂が口に広がる•••

私「美味しい〜!毒のピリピリ感も全然感じひん!」

そう言ってゴクリと飲み込んだ瞬間…

きた

ピリピリ!

僅かに感じるあの感じ。

イクチオヘモトキシンの毒の感覚だ。

※イクチオヘモトキシン…ウナギやアナゴの血清に含まれるタンパク質性の毒素

旦那「アカンかー!これ以上どうしろって言うねん…」

私「別に少々後味ピリピリしてもあたしゃ気にしぃひんで!刺身は激ウマなんやから!!」

旦那「あれ(ピリピリ)なかったらもっと心おきなく食えるねんて…その差はでかい!」

そう?

致死量1000mlやろ?

いけるいける!!

また刺身食べたいなぁ〜♡と願う嫁と、

刺身はもうせん!!と誓う旦那でした。

カテゴリー: 料理・レシピ

syuryosaisyukazoku

食材ハンターの旦那を嫁目線で綴ったブログです。 4歳の娘と1歳の息子と共に、自らの手で獲った食材で最高の調理法を追及する生活を送っています。 身動きできない檻でホルモン剤を投与され育った家畜よりも、山で走り回りどんぐりを食べて育った猪を食べたいです。 狭い所でひしめき合いながらワクチン注射を打たれ育った養殖魚よりも、海流に乗って荒波にもまれながら育った天然の魚を食べたいです。 山に行けばきのこや山菜、果物も採れます。 それらの共通点は「生きるちから」です。 感謝の気持ちを忘れず、今日も自然の恵みを「いただきます。」

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。