この日は5時起きで、

助手席で寝てるだけで着きました。

海。

私にとっちゃー約2年ぶりの海。

さぁ!!!

いざ、入水!!!

うわー、海藻ギッシリ(-_-)

海藻ってウツボ出てきそうで苦手やねんなぁ。

海藻ゾーンが広過ぎて酸素の消耗半端ない。

海藻ゾーン抜けた思ったら、ゲキ濁り。

こんなはず…泣。

きつー。

巨大なボラが急に出てきてしかも近い!!

視力0.002で潜ってる気分(-_-)

一気にテンションが下がった私は銛のゴムを引く事なく引き返した。

帰りも海藻ゾーンでパニック。

旦那「おかえり!どやった?」

私「ここ終わってる(-_-)」

旦那「え?」

綺麗な海で潜りたかったーー!!

旦那「大丈夫、次のポイントはめっちゃ綺麗やで」

ほんまぁ??(´Д`)

やば♡♡

友人夫婦と

めっちゃ綺麗やん。

モルデブに負けてへんで!

入水。

うわぁ〜!!。・゚・(´∀`*)゚・・。

日本海はやっぱ綺麗やなぁ〜!!

感動レベルww

満足ですー!

釣果はこんな感じ。

でかいの旦那。チビはチンポコT君。

なんだかんだ夕方まで潜って、その後はスーパー銭湯でサッパリ。

さて♪横になったら15秒で寝れる!

布団がキモチイ❤️

旦那「一緒に夜の川潜らへん?」

私「え?」

旦那「夜の川潜るで」

私「子供残して行けへんしなー(本音は寝たい)」

旦那「子供はT氏(一緒に行った友人)に見てもらおう」

私「でも怖いしなぁ…」

旦那「あ? (‡▽益▽)?」

いやちょっと待てよ。。

私ビビリやけど、夜の川に潜るのはずっとやったはず。

それを、風呂入ったからとか、寝たいからとかで見送ってたら一生潜れへんやん?

いつか潜りたいって思ってたけど、、

いつ潜れるんよ?

今でしょ!!

ლ (╯⊙ ⊱ ⊙╰ ლ)

旦那「“やる“か”やらへん“かで迷ったら、“やる”やろ!」

と、よく分からん事も言われ、

とりあえず、

ビビリの私が、

夜の、

真っ暗な、

深い川に、

潜る事になった。

テンション上がってきたーー!!!

旦那は密着して泳いでくれるやろか?

バケモン出たら叫んでいいやろか?

暗い水中で動くもの全てに絶叫しそうや。

深夜0時。

真っ暗闇の深い川で夫婦が水中ライトを片手に泳ぐ光景。

なんやこれ。

デートみたい❤️

あれ???

怖いけど、旦那がいるから怖くない!

楽しい方がギリ勝つ!!

巨大ナマズがヌンと現る。

私(ビクッとするも叫べない。)

60センチくらいのブラックバスが凄いスピードで横切る。

私(バス釣りが趣味やったら大はしゃぎレベルやな・・・)

あれ?これ以上怖いもんってこの川にもういいひんのとちゃうか?

でも旦那が離れると怖くなる。

不思議。

夜の深い川で1時間探索して、終了。

お目当ての獲物もちゃんと釣れました。

650g

旦那が一緒に泳いでくれたおかげで思ってたより怖くなかった。

でも一人やったら絶対無理。

ライトで照らされたところしか見えへん、暗黒の世界。

旦那が前に言っていた。

「川の中で俺が一番強いから全く怖くない!」

一家に一人この感覚の持ち主がいると便利です♪

カテゴリー: 狩猟

syuryosaisyukazoku

食材ハンターの旦那を嫁目線で綴ったブログです。 4歳の娘と1歳の息子と共に、自らの手で獲った食材で最高の調理法を追及する生活を送っています。 身動きできない檻でホルモン剤を投与され育った家畜よりも、山で走り回りどんぐりを食べて育った猪を食べたいです。 狭い所でひしめき合いながらワクチン注射を打たれ育った養殖魚よりも、海流に乗って荒波にもまれながら育った天然の魚を食べたいです。 山に行けばきのこや山菜、果物も採れます。 それらの共通点は「生きるちから」です。 感謝の気持ちを忘れず、今日も自然の恵みを「いただきます。」

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。