これは、食べた後ではありません。

今から、「いただきます」をするところです。

◆アカハタ蒸し

この中で頭が一番のご馳走なのです!!

 ドゥルンドゥルンの目玉

 プルプル唇

 ジュルジュル脳味噌

 ペタペタの皮

 吸えば吸う程溢れるうまみエキス

 コリコリの舌

 ホロホロ頰肉

奪い合い、勝ち取った勝利の写真なのです。

弟が大きくなったら目玉は1個ずつになるから、一人占めできるのは今だけやで。

しかしアカハタはほんまに美味しい!!

渡船乗って、よかった!!(記事はコチラ

ノコギリガザミは、以前ポコチンハンターとして登場したT君が家に来たので皆と食べました。

ノコギリガザミのプーパッポンカリー

タイ料理、プーパッポンカリーはセロリがポイント

はい、私が大好物のタイ料理です。

プーパッポンは普通、渡蟹のソフトシェルを使うのですが、ノコギリガザミでやるとは…一体いくらするんにゃろか。

その前にこんなもん食べれる店がないか。

うまーい!!

うますぎる!!

鍋ごといきたーい!!

もし猿やったら、私は絶対この鍋持って走って逃げてます。

理性をもつ人間でも、ガッツいてまう。。

美味しい1品でした。

◆アカハタと鰻の天ぷら

アカハタふわっふわ。皮目のうまみが最高です。

鰻もちゃんと脂乗ってたけど、近所の川の鰻の方が味が良い。

◆安定のアクアパッツァ

春に獲ったハマグリと、アカハタ、オオモンハタ、ショウジンガニの出汁で、訳わからん程うまみが凝縮されている…

◆?????

旦那「アカハタあと何しよ?」

私「うーん。」

旦那「新しい料理考えてっていつも言ってるのに…」

私「言ってるのに…??」

どうせ蒸しが一番美味しいんやから蒸しでいいやんとは絶対言えない状況。

ちょっと必死に考えました。

こら新しいやろ。

◆アカハタの蕪蒸し

どや。

めっちゃ手間暇かかってるし。

鯛で蕪蒸しする料理人はいてもアカハタはなかなかいーひんやろー!

手間暇かかった割には、普通でした。

美味しかったけど…

写真も地味。

最後は、これ。

◆ペスカトーレ

待ってましたー!!

手長海老のうまみが凝縮された、めっちゃ海老感じるパスタ。

だって粉砕して濾して凝縮してるからなぁ。

夫婦で深夜に手掴みしてとったエビやからなぁ。

私の大好物です。

休終わってもこのご馳走続けば幸せ2倍!

良き連休でした。

カテゴリー: 料理・レシピ

syuryosaisyukazoku

食材ハンターの旦那を嫁目線で綴ったブログです。 4歳の娘と1歳の息子と共に、自らの手で獲った食材で最高の調理法を追及する生活を送っています。 身動きできない檻でホルモン剤を投与され育った家畜よりも、山で走り回りどんぐりを食べて育った猪を食べたいです。 狭い所でひしめき合いながらワクチン注射を打たれ育った養殖魚よりも、海流に乗って荒波にもまれながら育った天然の魚を食べたいです。 山に行けばきのこや山菜、果物も採れます。 それらの共通点は「生きるちから」です。 感謝の気持ちを忘れず、今日も自然の恵みを「いただきます。」

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。