連休前半はキャンプに。

キャンプと言っても車の後ろで寝泊りする恒例シンプルスタイルです。

朝は渡船で離れ小島へ行き、漁協が許可した場所で魚突きです。

私「なに狙い?」

旦那「アカハタでしょ」

渡船には初めて乗りますが、駐車場代1000円&渡船代2000円/人とちょい高め。

私「夫婦で5000円やで、、下手したら赤字やん…元取ってや!」

旦那「お、おう!」

プレッシャーwww

私も潜る予定でしたが、この日はどうやら激濁り・・・

ビビリの私は濁りが大の苦手なので

ここは旦那に託そう(笑)

この濁りの中、粘ってアカハタ良型3匹!

よぅ頑張ってくれた!!

旦那は不満そうやったけど…

離れ島では一応子供も遊べたし、生き返りの船でも喜んでくれたし、渡船乗ってよかった!

夜はいつも通り、旦那の川巡りに付き合いつつ私は車内で爆睡プラン。

バックドアを開け閉めされる度に目を覚まし、蚊が入るから早く閉めろと文句を言うのが唯一の仕事。

深夜0時。

私「・・・なんか獲れた?(+_+)」

旦那「ノコギリガザミ2匹と、おまけ鰻400gや」

私「お〜(眠)」←あまり聞いてない

さぁ、皆揃って寝ましょうか。。

今日は朝からフル稼働やったなぁ。

疲れたぁ〜!

銭湯も行ったし、あとは本気で寝るだけ。

寝床を整える私に、「今から手長海老掴みをやろう」と提案してきた旦那。

え?

連休初夜の深夜0時やで?

そっから川入るの?

お互い結構疲れてるで?

風呂も入ったで?

旦那「ペスカトーレ作ったるで」

私「やるーーー!!やりますやります❤️」

ハードスケジュールをこなした私たちは、深夜0時にカップラーメンを食べて手長海老掴みに出陣!

子供たちは車でグースカピースカ。

親は暗闇の川でワーワーキャーキャー。

私「何で獲るの?網は?」

旦那「素手や」

え、まぢでー。

手長海老は、清流のそこそこ流れのある場所の石の横や木くずの塊などの所にいる。

縄張りがあるのか、1つの石に基本1匹。

たまに喧嘩しとる。

「海老って瞬間移動するから素手とかムズイねんけど〜」

旦那「30匹いくでー」

まぢで?

深夜1時に海老30匹?

きっつー。。

弱音を吐いたらしばかれます。

私「指挟まれたー!イタイイタイイタイー!」

旦那「こんなん痛いうちに入らへん!」

私「・・・。」

コツを掴めば私でも手掴みできるようになってきた。

獲れる度に喜びの雄叫びをあげる私。

私「よっしゃー!!!とったー!!」

私「いた!!!やった、とった!!!」

私「あ、またいた!!!」

私「やべ、2匹連続逃げられたー」

私「あ゛ーー!!」

私「っしゃーーー!!!」

深夜1時の真っ暗な川に、私の声が響き渡る。

やべ。楽し過ぎる…

旦那「もう30匹はいったんちゃう?」

私「え??なに??無言でそんな獲ってたん?」

旦那「リアクションするだけ無駄やしな」

む、むむ無駄!?

掴めた時こんなに嬉しいのに?!

逆に黙れと言われても無理やで。

楽しかったー!手長海老掴み。

夫婦で25分間、55匹も獲れました。

2キロはあります。

絵面やべww

ペスカトーレが楽しみ。

いただきます!

アカハタ、鰻、ノコギリガザミ等の料理編は次の記事で。

カテゴリー: 魚突き

syuryosaisyukazoku

食材ハンターの旦那を嫁目線で綴ったブログです。 4歳の娘と1歳の息子と共に、自らの手で獲った食材で最高の調理法を追及する生活を送っています。 身動きできない檻でホルモン剤を投与され育った家畜よりも、山で走り回りどんぐりを食べて育った猪を食べたいです。 狭い所でひしめき合いながらワクチン注射を打たれ育った養殖魚よりも、海流に乗って荒波にもまれながら育った天然の魚を食べたいです。 山に行けばきのこや山菜、果物も採れます。 それらの共通点は「生きるちから」です。 感謝の気持ちを忘れず、今日も自然の恵みを「いただきます。」

2件のコメント

えむっち · 2020年8月3日 1:11 PM

手長エビ、釣ったこともないのですが手掴みは尚更おもしろそうですね!
料理にしてもお子さんが喜びそうだし。
濁った海でどうやって魚探すんでしょうね。びっくりです。

    syuryosaisyukazoku · 2020年8月3日 9:10 PM

    釣るより手掴みの方が手っ取り早かったです。
    20分くらいで55匹獲れましたから。
    濁った海では、底まで潜ってからが勝負だそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。