休日の旦那は、すんごいイキイキしてる。
朝が苦手なはずやのに、まだ暗いうちからスッと起きて、冷たい海に向かう後ろ姿。

ポカポカの布団の中から無言でお見送り。

私には真似出来ひんなぁと思いながら。


暗くて冷たい冬の海に、

旦那を突き動かす、

何かが、

いるのだ。

そう、

脂の乗ったウマイ奴等が。

私が二度寝から目覚める頃には、旦那は風呂場で血抜きをしていました。

冬が来たなぁと感じる瞬間です。

神経締め後の究極の血抜き


ビクン…ビクン…

この日は大漁!
翌日も大漁!選びに選んだ魚たち。
翌々日は海況が変わり、狙い通りにはいかず…


今回の記事では、我が家の食卓にあがった、このオオモンハタについてレポートしたいと思います。

すき引き後

人間で言うと、顔は竹内涼真体は石塚英彦、そんなところでしょうかw
内臓脂も真っ白です。

内臓脂


◆天ぷらにしてみると、、、

オオモンハタは身がしっかりしている


味が濃いー!!
なんじゃこれは!!!!


クエに匹敵する美味しさだったので、急遽、寿司にしました。
このオウモンハタは過去最高の味でした。

◆翌日の寿司


とにかく身の味が美味い!!脂も乗ってる!
えぇもん食べて生きてきたんやろなぁ〜

◆酢モツ、石鯛の皮ポン


内臓脂が口の中で溶ける…
何より私の大好物が、魚の胃袋。

うめぇ。泣

魚の内臓って捨てるもんじゃないの?!
と思ったそこのアナタ。

魚は、身を捨てても内臓を捨てるな!


ということわざがあるくらいです。
(私が唱えた人物)

皮ポンも、魚の旨みが皮に凝縮されて、食感もモチモチ。
満足の一品でした。


厳選した脂石鯛を贈ったら、3日後にマツタケに化けて返ってきたで!!

子供の顔くらいあるサイズ感

なんというハイクラスな物々交換w
こんなデカイの、なかなか手に入らんやろなぁ。香りも最高の状態で、クラクラしました。

こんなにいい松茸を、私が食べていいのだろうか。
これからはせめて、布団の中から「行ってらっしゃい」くらいは言おうと思います。

感謝。

◆アカハタ蒸し〜降りしきる松茸雪〜


これも過去最高のアカハタ蒸しでした。

◆松茸ご飯に茶碗蒸し、軸はポン酢で


土鍋からはマツタケの香りがしばらく消えませんでした。
この香りを閉じ込めて香水みたいにできたらなぁ…

◆石鯛のアクアパッツァ


もう何十回もした、恒例の味。
ハラミのジュワジュワ度がやべぇ。

◆刺身
まぁ、載せるまでもないけど一応。

朝起きたらシリーズは、まだまだ続きます。


syuryosaisyukazoku

食材ハンターの旦那を嫁目線で綴ったブログです。 3歳の娘と0歳の息子と共に、自らの手で獲った食材で最高の調理法を追及する生活を送っています。 身動きできない檻でホルモン剤を投与され育った家畜よりも、山で走り回りどんぐりを食べて育った猪を食べたいです。 狭い所でひしめき合いながらワクチン注射を打たれ育った養殖魚よりも、海流に乗って荒波にもまれながら育った天然の魚を食べたいです。 山に行けばきのこや山菜、果物も採れます。 それらの共通点は「生きるちから」です。 感謝の気持ちを忘れず、今日も自然の恵みを「いただきます。」

2件のコメント

飯田耕介 · 2020年2月28日 11:11 午後

更新楽しみに待ってまーす!

    syuryosaisyukazoku · 2020年5月27日 8:56 午後

    飯田さま
    更新、進まずすみませーん(汗)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。