そうそう、忘れてはなりません。

キャンプで狙った獲物は、カミツキガメノコギリガザミニホンウナギだけではありません。

海の恵みも沢山あります!

今回、産後太りでウェットスーツが入らない(怖くて着れない)私は、磯で子守りw

旦那に食料調達を託します。

冷たくて、暗くて、少し波のある海。

定期的に、沖に出た旦那の姿を探します。

今回のキャンプでも、大漁でした。

オオモンハタ、アカハタ
キジハタ、脂石鯛
キジハタ、カワハギ

アカハタに、キジハタに、オオモンハタに、石鯛に、カワハギ。

市場では高級魚とされる魚ばっかです。

嬉しい!!!

地味〜に嬉しいのが、この季節のカワハギ。

寒くなると肝が白くなり、それがうんまい。

◆まずは、握るよね〜

炙ると脂がパチパチ!全てのハタの食べ比べ

次は、アカハタ。出汁を死ぬほど濃厚に取って、、、

できたのが、これ。

◆アカハタの煮びたし

はふぅぅぅ(o´-з-)=3

皮側の脂の弾力と白身のホロホロ感が、たまらん〜!

アカハタの濃厚出汁も贅沢やぁ。

カリッと揚げて、ジュッとつけるとこの上ないご馳走です。

◆脂石鯛のカマ焼き

この個体、、、内蔵脂やべー。

脂度★★★★★★★★☆☆
脂で真っ白!

もちろん炭火で頂きます。

写真撮るの忘れましたが、脂汁が流れ出てました。

はらみにかぶりついた瞬間、

溺れる程の脂が…!!

飲んでもたーー!!

ゲボッゲボッ!!(゚ロ゚; 三 ;゚ロ゚)

石鯛の型を見て脂度を水中で見極める旦那。

その脂でむせる嫁。

これぞ、

幸せのスパイラルっ!!!!

◆石鯛のカルパッチョ

もちろん旨し!

◆キジハタとオオモンハタの鍋

豆腐みたいなんがオオモンハタ(デカ過ぎてすき引き)、皮目が赤いのがキジハタ。

もう、どっちがどっちでもいい〜!!

とりあえずどっちも美味いから〜!!

◆カワハギ肝の刺身

こ、これは悶絶‼️

病気になりそうな程、

美味しいです。

2019年うまかったもんランキングで間違いなく1位でしょう。

人生のうまかったもんランキングでもきっと1位でしょう。

そのくらい、美味しい…カワハギの肝…

いつか、、

ウエットスーツが着れるようになったら、(ダイエットに成功したら、)

カワハギばっかり突いて、

真っ白な肝丼を作るのが夢です!!


syuryosaisyukazoku

食材ハンターの旦那を嫁目線で綴ったブログです。 3歳の娘と0歳の息子と共に、自らの手で獲った食材で最高の調理法を追及する生活を送っています。 身動きできない檻でホルモン剤を投与され育った家畜よりも、山で走り回りどんぐりを食べて育った猪を食べたいです。 狭い所でひしめき合いながらワクチン注射を打たれ育った養殖魚よりも、海流に乗って荒波にもまれながら育った天然の魚を食べたいです。 山に行けばきのこや山菜、果物も採れます。 それらの共通点は「生きるちから」です。 感謝の気持ちを忘れず、今日も自然の恵みを「いただきます。」

4件のコメント

えむっち · 2019年10月24日 9:43 AM

これは幸せですね~( *´艸`)
ハタは刺身だとどの種類が美味しいですか。

そのうち、きも丼がブログにドーンと載るのを楽しみにしてますね。

    syuryosaisyukazoku · 2019年10月30日 9:03 PM

    えむっちさん
    刺身でしたら、ハタは個人的にキジハタが好きですが、脂度や熟成度によっても変わってきます。
    刺身以外でしたらアカハタが好きです。
    肝丼、来年の秋~冬には実現したいですね。自分の手で!

トミー · 2019年10月27日 7:47 PM

スピアフィッシングやってみたいんですが、
周りにやってる人がいなくて
踏み出せないんですよねー!
羨ましいです!
僕もやりたい(^^)

    syuryosaisyukazoku · 2019年10月30日 9:06 PM

    トミーさん
    肉も魚も獲れたら最高ですよね~。
    スピアは、まずは竹銛から始めちゃいましょう!!^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。