この間、ハンター仲間の送別会がありました。

ハンター達が集まると基本的に、それぞれが獲ってきたものが並びます。

鮮魚、猪、ガザミ、鰻、…それはレベルの高い料理ばかり。

我が家のハンターは、先週釣ったスッポンで一品作ることにしました。

今回はスッポンの味を最大限に感じて貰うべく、旦那が考えた料理とは…

◆脂スッポンの煮こごり

スッポンと塩(とわずかに醤油)のみで濃厚な出汁を取り、コラーゲンの力でブリンブリンに固めます。

ちなみに、 旦那が取った出汁は、たいがい冷やすと固まります。笑


肉の層には濃厚な脂も。

実はこの個体、甲羅が薄かったのですが、期待以上に脂が乗っていて、肝の色もオリーブ色?のような、最高級を象徴する色でした。

奥のでかいのが肝。全体的に黄色いのは脂。


口の中の温度だけでトロけ、スッポンの滋味深い味がジワジワ広がります。

肉の層がストレートに主張し、後から甘い脂が舌に残ります。

目を瞑って、感じながら食べたくなる、気持ちのこもった一品でした。


ご馳走さまでした。


次の日のご飯は、これ。

◆スッポンのそぼろご飯

ご飯がすすむぅ~

そして、、、

あかんやつ出てきました。

◆スッポンの濃厚モツ鍋



なんやこれ。

…最高なやつやん!

濃厚なスッポンの出汁に、脂の乗ったモツが(膀胱と胆嚢以外)全て入っており、まるで幸せの宝箱のような…

ただ内臓をドーン!と鍋に投入するのではなく、部位によって下味や煮込む時間を変える旦那。


こんな料理、340年続くかの有名な老舗スッポン料理店でも注文できひんわ。きっと。


部位によって食感や味が楽しめて、我が家の食卓は軽くスッポンパニック。

「あ〜ハツの弾力がたまらん!」

「えー、レバーにまで脂感じるんやけど!」

「ここどこ?知らんけど美味しいー!」

「あー、精巣パンパー♡弾けたー!」


そして、私の皿にだけ入っているこれは…!!!

まさか…

スッポンの…

アソコ!?


あー、


なんか、、、


生命力の強い味。


そういえば、捌いた後も心臓だけずっと動いてたもんな…

生きていた命、それを頂きました。


最後は手を合わせて、心の底から伝えます。


ご馳走さまでした。



とりあえずこの日思った事は、 死ぬ間際、最期に食べたいものを聞かれたら、私、スッポンのモツ鍋!って言うかもしれません。

んでもしそれ食べてもーたら、死なずに復活してまうと思います。


syuryosaisyukazoku

食材ハンターの旦那を嫁目線で綴ったブログです。 3歳の娘と0歳の息子と共に、自らの手で獲った食材で最高の調理法を追及する生活を送っています。 身動きできない檻でホルモン剤を投与され育った家畜よりも、山で走り回りどんぐりを食べて育った猪を食べたいです。 狭い所でひしめき合いながらワクチン注射を打たれ育った養殖魚よりも、海流に乗って荒波にもまれながら育った天然の魚を食べたいです。 山に行けばきのこや山菜、果物も採れます。 それらの共通点は「生きるちから」です。 感謝の気持ちを忘れず、今日も自然の恵みを「いただきます。」

2件のコメント

えむっち · 2019年9月11日 10:11 AM

今回もなかなか強いタイトルですね(笑)

すっぽん煮込みがあまりに美味しそうで困ってしまいました。
しかしこの、奥様の京極さんばりのリアクションがあるから、
ご主人も料理にやる気が漲るというものなのでしょうね。

    syuryosaisyukazoku · 2019年9月12日 12:17 PM

    えむっちさん
    すっぽんモツ煮込み、機会がありましたら是非食べて頂きたいです!
    ですが、ここまでの脂個体に出会える事もそうないです。
    京極さんを超えるリアクションをとれるよう私も頑張ります。
    いつか、涙流しながら「これに比べると老舗スッポン料理店で食べるスッポンはカスや~」って言うてみたいですw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。