暑さも終盤!雨も降った!よし!

私たちはポルチーニ目当てでとある公園に行きました。

3歳半の娘は公園では遊ばず、雑木林のキノコ探しに夢中です。

ですが、少し時期が早かったようで1本しか獲れず。

il||li _| ̄|〇 il||li

仕方なく狙いをサマートリュフに変え、実績のある公園へ移動しました。

“トリュフ”と聞いて何を思ったのか、娘がおもむろに落葉をかき分け始めました。

トリュフの探し方…覚えてるんや…!!!

やるやん。

でもな、

残念ながら、

そんなところにトリュフは出-へんで。
┐(´ー`)┌

実績のある場所を探す私たちと、

あるはずのない場所を探す娘。

以前の記事でも説明しましたが、特定の樹木の細根と共生してるトリュフ。

ありそうな場所くらい、旦那は知ってます。

娘「トリュフ見つけたよ?」

私「そっかー、よかったなぁ^^」

(どーせ、腐ったどんぐりか何かやろ…)

と振り向くと、ほんまにトリュフを握りしめていました。

w|;゚ロ゚|w

私たちは大人気なく、娘を突き飛ばしその場所を必死にかき分けます。笑

そこからは芋づる式に次々とトリュフが出てきました…エンドレスやぁ(*´Д`)ハァハァ

結局、どの樹木の細根と共生しているのか分かりませんでした。

モミジ?アジサイ?ツツジ??

???

偶然の発見から、常識が覆される事はよくあります。

どちらにしても、あると信じて探さないと見つからない場所でした。

見つけてくれて、ありがとう!!!

トリュフはタワシで丁寧に洗って乾燥させ、生米の入ったタッパーの中に入れて野菜室で熟成させます。

毎日タッパーを開いて呼吸させ、芳醇な香りが出てき・・・

てか、何で裸でトリュフ洗ってはんのこの人!??

私「え?なんで?」

旦那「え?なにが?」

ももえぇわーー!!

白飯にトリュフをかけろと言う娘。

裸でトリュフを洗う旦那。

なんやよお分からん家族ですが、とりあえず今日も平和です。

カテゴリー: きのこ

syuryosaisyukazoku

食材ハンターの旦那を嫁目線で綴ったブログです。 3歳の娘と0歳の息子と共に、自らの手で獲った食材で最高の調理法を追及する生活を送っています。 身動きできない檻でホルモン剤を投与され育った家畜よりも、山で走り回りどんぐりを食べて育った猪を食べたいです。 狭い所でひしめき合いながらワクチン注射を打たれ育った養殖魚よりも、海流に乗って荒波にもまれながら育った天然の魚を食べたいです。 山に行けばきのこや山菜、果物も採れます。 それらの共通点は「生きるちから」です。 感謝の気持ちを忘れず、今日も自然の恵みを「いただきます。」

2件のコメント

えむっち · 2019年9月9日 9:26 AM

ちょっとwww ご主人のヘアヌード、モザイクかけた方がいいですよ!(笑)

でかいトリフですね~、赤ちゃんかわいい(^^♪

    syuryosaisyukazoku · 2019年9月9日 2:04 PM

    えむっちさん
    モザイクかけると、余計いかがわしい写真になってしまいませんか?笑
    クレームがきたら編集しますww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。