「欲しけりゃ、やるよ」

こんなにかっこいいと思った言葉、今までないかもしれません。

先日のクエ鍋パーティで解体された極上の若い猪を丸々くれてやるというT師匠。

!!!!!旦那(;゚д゚) (゚д゚;)私!!!!!

欲しいっすー!!!!!

普段はお手伝いした報酬として「肉」を分け与えてもらえるのですが、

この日は獲物が小さく、何も手伝っていない旦那が少し動揺してました。

まだ若いので発情の匂いもなく、身も柔らかい。

締め方、処理法が完璧なので味も言うことなし!

「いやぁ、腕のいいハンターって気前ええよな~」と言いながら、早速寸胴に骨をぶち込む旦那。

ありがたいお肉を、内臓や骨の髄まで美味しく頂きます。

骨から取れた出汁で色んな料理に使っていきたいと思います。

骨から肉が全て外れ、脊髄はバラバラになり、やがて頭部の中身は自然に空っぽになります。

夜な夜な不気味なスープを混ぜてアクや脂を取る旦那

何日間繰り返し煮込んだでしょうか。

私の握力で頭蓋骨が簡単に砕け散る程になりました。

鼻くそや歯くそも入っているかもしれませんが、

まぁそれも「旨み」です。

初日は、薄造りした猪しゃぶしゃぶ…

この一皿で家族3人お腹いっぱいになれます。

旦那「めっちゃ小さいブロックしか使ってへんで

私「え、氷河期にマンモス獲れたら死ぬほどしゃぶしゃぶできるやん。

旦那「まぁ、あいつらに薄造りの能力ないやろな

私「・・・せやな

とどーでもいい会話をしながら食べた猪は、とても力強い味で、身体が喜ぶのが分かりました。最高に美味しかったです。

もう、スーパーの豚肉じゃあ太刀打ちできません!( ̄‥ ̄)=3

翌日のメニューは猪カレー

もちろん、濃縮猪スープを入れているので、コク・コク・コクーーー!(゚∀。)

完成されているはずのカレーのルーはもはや脇役です。

しつこい感じもなく、うまく味がギャっとまとまってます。

分かり易いのは2歳の娘の反応。

アンパンマンのレトルトカレーを与えると、遊びながら全然食べないくせに、

猪カレーだと大人に負けない量を必死に食べます。

それはもう、狂ったように(笑)

次の日は猪カツカレー^^

味は言うまでもありません。(¯﹃¯*)

目の前で息絶えた猪。

きっと数日前まで野山を駆け回っていたに違いない。

本来駆除の対象となるはずの害獣ですが、尊い命には変わりありません。

命がけで対峙したT師匠からの頂きもの。

そんな有難いお肉を、最初から最後まで最っ高の料理にしてやろうと思います。

ひと皿に込める想いも、調理の丁寧さも、本気です。

食べる時の感動も更に際立ちます。

料理の一期一会…です。(なんかかっこいい事言うてもた!)

おつまみの猪皮フリット

猪料理、まだまだ続きます。

【済】猪ネック炭火焼き

【済】猪しゃぶしゃぶ

【済】猪かつカレー

【済】猪の皮フリット

カテゴリー: ジビエ狩猟

syuryosaisyukazoku

食材ハンターの旦那を嫁目線で綴ったブログです。 3歳の娘と0歳の息子と共に、自らの手で獲った食材で最高の調理法を追及する生活を送っています。 身動きできない檻でホルモン剤を投与され育った家畜よりも、山で走り回りどんぐりを食べて育った猪を食べたいです。 狭い所でひしめき合いながらワクチン注射を打たれ育った養殖魚よりも、海流に乗って荒波にもまれながら育った天然の魚を食べたいです。 山に行けばきのこや山菜、果物も採れます。 それらの共通点は「生きるちから」です。 感謝の気持ちを忘れず、今日も自然の恵みを「いただきます。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。