我が家の風呂場は、夏場こんな状態です。

そんな我が家が年に1回、無性に食べたくなるパスタがこれです。

貴重な自然の恵みを一皿にした
地産地消のペスカトーレ
です。

川で獲れた手長エビと、

川で獲れたもくず蟹と、

川で獲れたうなぎと、

海で獲れたと(夏に獲って冷凍)、

自家製アンチョビと(地元で水揚げされたイワシで)、

アサリ(潮干狩シーズンじゃなくて残念…これだけ購入…)で

作った一皿です。

ここにどれだけの命が詰まってるでしょうか。
貴重な命を、年に一度だけ美味しく頂きます。

その美味しさとくると、もう言葉では表せない程、本当に本当に悶絶のうまさです。

これだけ手間暇かけて作って、「美味しい」の一言で片付くはずがありません。

甲殻類はアンチョビと共に鍋で炒めて、
煮詰めたらフードプロセッサーで粉砕します。
そして4~5時間かけてとった出汁をじっくり濃縮させていきます。

3番出汁濃縮中(笑)

手長エビは素揚げで食べても美味しく、

もくず蟹は茹でても絶品です。

鰻は味にアクセントをつけてくれ、蛸の出汁はこの上ない旨みとなり海の香りを広げます。
どれもこれも贅沢な食材!!

トマトソースは、にんにくと玉ねぎを炒めてトマト缶を入れ、酸味を完全に飛ばします。5時間程かけて濃厚出汁と一緒に煮詰めて完成!!

美味し過ぎて涙が出る~!!!

 

明日地球が滅びるとすれば、最後に食べたいのはこのパスタかもしれません。

カテゴリー: 料理・レシピ

syuryosaisyukazoku

食材ハンターの旦那を嫁目線で綴ったブログです。 3歳の娘と0歳の息子と共に、自らの手で獲った食材で最高の調理法を追及する生活を送っています。 身動きできない檻でホルモン剤を投与され育った家畜よりも、山で走り回りどんぐりを食べて育った猪を食べたいです。 狭い所でひしめき合いながらワクチン注射を打たれ育った養殖魚よりも、海流に乗って荒波にもまれながら育った天然の魚を食べたいです。 山に行けばきのこや山菜、果物も採れます。 それらの共通点は「生きるちから」です。 感謝の気持ちを忘れず、今日も自然の恵みを「いただきます。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。