「ここの海って、なんでクエこんなにいるんすかね?」

この発言をしたのは魚を一匹も突く事のできなかった、ちんぽこハンターWB。

「なんでクエがこんなにいるか聞く前にお前が突けーーーーーい!」

とすかさず突っ込みを入れたのは、
巨大クエを突いて地元の漁協をザワつかせた凄腕ハンターTさん。
今年の夏休みは、そんなTさんの別荘を拠点に日本海を満喫しました。

ここで狙うは、本命クエ
必須は、キジハタ!脂ノリノリ石鯛
ついでにカンパチ、マダイ、雑魚…

といった感じです。
1日目は観光も兼ねて女性陣がのんびりぜんざいを食べている間に、これです。

(ノ∀`)アチャー

先が思いやられるぅ~!(幸せ)

我々が到着する前にTさんが突いた15㌔のクエも冷蔵庫に眠ってるし。

もーどないなっとんねん!(幸せ)

しかも、Tさん家族はクエを食べ飽きたのか、粕漬けにされるクエのハラミ…

うそやろ。(; ̄Д ̄)

もちろん、粕漬けは最高に美味しいけど、 クエのハラミの扱いが…(ΩДΩ)
そそそれだけ、日常にクエが登場している証拠です。
羨ましい!!!

うちの旦那もやってくれました!じゃん!

キジハタのオンパレードーーーーーー!!!!
でかいので、なんと50!
こんなサイズ見たことないわ!

美味しそう~(¯﹃¯*)

私は2日目に潜りました。
いつも太平洋で潜る機会が多いですが、日本海の色はディープブルーでほんと好き!!
海況はよかったのに、キジハタすら見る事ができませんでした。

ナゼナンダ・・・(¯_¯)

いいサイズの銀ワサ( 老成したオスのイシダイ)を突きましたが、海中で暴れまわるうちに銛先が抜けてしまいました。
悔しい…けど獲れなければ、何の言い訳にもなりません。( `皿´ )

イシダイの水中目利きにかけては右に出るもののいない旦那は、黙って最高の個体を突いてきます。

美味しい魚種と出会う事すら難しいのに、
更にそこから個体を絞り、
狙ったそいつを確実に仕留める!!

究極の域に達してきた旦那。
ここが、釣りにはない、突きの魅力だと思います。

そんな石鯛は薄造りに。

脂で包丁は真っ白!2、3枚をまとめて口に頬張ります。

クエの握りもあります。

言うまでもなく、脂ノリノリでこれぞ旨さの真髄!

キジハタは鍋が確実です。

魚にも色んな美味しさがあるけど、キジハタは特に好き♡
フワフワで皮目の脂とコラーゲンの層がたまらない…

ボルシチにも挑戦です。

キジハタ濃厚出汁のトマトソースは、今までにない味!
美味しくない訳ないでしょ。

贅沢すぎる自然の恵み、ご馳走さまでした。


syuryosaisyukazoku

食材ハンターの旦那を嫁目線で綴ったブログです。 3歳の娘と0歳の息子と共に、自らの手で獲った食材で最高の調理法を追及する生活を送っています。 身動きできない檻でホルモン剤を投与され育った家畜よりも、山で走り回りどんぐりを食べて育った猪を食べたいです。 狭い所でひしめき合いながらワクチン注射を打たれ育った養殖魚よりも、海流に乗って荒波にもまれながら育った天然の魚を食べたいです。 山に行けばきのこや山菜、果物も採れます。 それらの共通点は「生きるちから」です。 感謝の気持ちを忘れず、今日も自然の恵みを「いただきます。」

4件のコメント

黒い箱 · 2018年9月4日 5:04 PM

楽しくて、思わず最初から全部読んでしまいました。
旦那様の能力も高く、嫁目線で書かれているブログも珍しいので『日々更新ないかな~?』と楽しみににしております。
これからも採取生活を楽しんで、ブログUPしていただけると有難いです。

    syuryosaisyukazoku · 2018年9月25日 1:19 PM

    黒い箱さん

    コメントありがとうございます!!
    こんなに言って頂ける方がいるとは思っておらず、つい忙しさにかまけてサボってしまっていました。
    ネタはたくさんたまっているので、近々更新します。
    すごく嬉しいです!マイペースブログですが、今後ともよろしくお願い致します。

ブタ · 2018年9月19日 10:05 PM

はじめまして。最近更新されなくて寂しいです。

    syuryosaisyukazoku · 2018年9月25日 1:21 PM

    ブタさん

    そう言って頂き本当にありがとうございます。
    やる気が出てしまいましたので、たまっているネタを放出させて頂きます。
    今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。