アカハタは突けなかったとは言え、ちゃんとカサゴは突いてますよ。
同じ根魚でも、カサゴは逃げません。
擬態して、岩にピタっとへばりついているので、見つければこっちのものです。

サイズは大きくありませんが、2匹いれば豪華なアクアパッツアが作れます。

 
アクアパッツア レシピ

準備するもの
・カサゴ
・アサリ
・オリーブ
・プチトマト
・にんにく
・アンチョビペースト
・白ワイン
・オリーブオイル
・パセリ

①カサゴは炭火で焼いておく(グリルでもOK)
②アサリを白ワインで蒸す
③熱したオリーブオイルにみじん切りしたにんにくで香りを出し、アンチョビペーストを入れ乳化させる
④そこへ、白ワインごとアサリを投入し、カサゴを並べる
⑤しばらく煮て、最後にオリーブとプチトマトも投入する
⑥胡椒をして完成

アンチョビの塩気が強いので、塩分はそれで十分だと思います。
我々、こう見えてアクアパッツアの歴史は長いのです。
今まで、軽く15回、いや20回はやってきたかなー。

カサゴやメバル、ハタ科などの根魚が最適です。

普通、魚を食べたあとってこうなりますよね・・・


頭と尻尾が残るイメージ。

 

うちの場合は、こうなります。

頭がキレイになくなります。

頭や目ん玉や皮を残す人は、魚を食べる資格がないわい!
ってくらい、魚の旨味が凝縮されているのは頭と皮目なんです。

特に、目ん玉裏のデュルデュルはたまりません。(魚の鮮度や種類による)

取り合いレベルです。

白身いらんから目ん玉くれー!っと思います。

最近は2歳の娘も目ん玉の美味しさに目覚めてしまい、
目玉をくりぬかれた親は白身を食べるハメに…

DHAを摂ってかしこくなってくれたまえ。

魚にもよりますが、脳みそを骨ごと吸うのも最強です。
骨から染みだすエキスに旨みが凝縮されていて、
これを吸ってる瞬間だけは、魚は肉を越えたと本気で思っています。

脳みそエキスの美味しさは、夫婦だけの秘密にしています( *´艸)( 艸`*)

カテゴリー: 料理・レシピ

syuryosaisyukazoku

食材ハンターの旦那を嫁目線で綴ったブログです。 3歳の娘と0歳の息子と共に、自らの手で獲った食材で最高の調理法を追及する生活を送っています。 身動きできない檻でホルモン剤を投与され育った家畜よりも、山で走り回りどんぐりを食べて育った猪を食べたいです。 狭い所でひしめき合いながらワクチン注射を打たれ育った養殖魚よりも、海流に乗って荒波にもまれながら育った天然の魚を食べたいです。 山に行けばきのこや山菜、果物も採れます。 それらの共通点は「生きるちから」です。 感謝の気持ちを忘れず、今日も自然の恵みを「いただきます。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。