前回の記事ハンターあるある第1弾、大好評でした~d(d’∀’)

ブログの閲覧数は、今の時点でなんと!!!

3件!

旦那と、自分と、旦那です…('0ノ'*)

いやー、狩猟採集生活のブログは面白いと思うんですが、
興味のない人からすると、どーでもいいんでしょうね。

いいんです、でも。

3件もあれば!

誰も見てないこのブログで、今日はおもしろい貝を紹介したいと思います。

知ってますか?チャンバラ貝…

これ、正式名称はマガキガイですが、

高知では”チャンバラ貝”といった粋な名前で親しまれています。
動きはとてもアクティブで、貝なのにジャンプとかします。

チャンバラ貝 獲れる場所

日本近海では房総半島から南の太平洋沿岸に生息しています。

腹足が退化している為貝の蓋を動かしながら行動するのですが、それがブンブン刀を振り回してチャンバラをしているみたいなんです。

沢山のチャンバラ貝がそれぞれ蓋を振り回している光景は、茹でるのを思わず躊躇してしまう程可愛いです。( ´艸`)

でも、残念ながらめちゃくちゃ旨い…

とりあえず塩茹でにして食べます。

身は適度に締まっていて弾力があり、イカみたいに味が濃くてたまりません。

刀の部分が貝から飛び出しているので、そこをつまんで食べます。

ちゅるっと簡単にとれます。

ただ、天然のチャンバラはガッツリ砂抜きしたつもりでも結構砂が残ってる事が多いので、ワタまで食べようと思うと、もっと3日位海水につけておく必要がありそうです…

チャンバラは味が濃いので、アヒージョにもしてみました。

チャンバラアヒージョ レシピ

準備するもの
・チャンバラ貝
・プチトマト、オリーブ
・オリーブオイル&サラダ油
・昆布茶のもと(いい出汁でます)
・鷹の爪
・クレイジーソルト
・にんにく みじん切り少々
・パプリカパウダー 仕上げ用
・パセリ 仕上げ用

①にんにくと鷹の爪を入れ熱した油に具を入れ、昆布茶のもととクレイジーソルトで味を付ける
②最後にパプリカパウダーとパセリをふって完成

うぉぉぉー!!!!ウマイ!
思った通り、アヒージョにして大正解!

別の磯でも探してみたいっ!
チャンバラ貝は、砂地に生息していて、ひとつ見つけるとその周りにもいます。
私はひと潜りで、1-2個くらい獲れますが、旦那はひと潜りで7-8個獲れるそうです。

これが素潜りの実力の差…(;´༎ຶٹ༎ຶ`)

カテゴリー: 貝類

syuryosaisyukazoku

食材ハンターの旦那を嫁目線で綴ったブログです。 3歳の娘と0歳の息子と共に、自らの手で獲った食材で最高の調理法を追及する生活を送っています。 身動きできない檻でホルモン剤を投与され育った家畜よりも、山で走り回りどんぐりを食べて育った猪を食べたいです。 狭い所でひしめき合いながらワクチン注射を打たれ育った養殖魚よりも、海流に乗って荒波にもまれながら育った天然の魚を食べたいです。 山に行けばきのこや山菜、果物も採れます。 それらの共通点は「生きるちから」です。 感謝の気持ちを忘れず、今日も自然の恵みを「いただきます。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。